見次さくら歯科の概要

医院概要

医院名 見次さくら歯科
院長 松永 純
[歯科医師] 
所在地 〒899-5117 鹿児島県霧島市隼人町見次1074-1-2
連絡先 TEL:0995-43-8024
FAX:0995-43-8025
E-mail:cqhbj312@yahoo.co.jp 
診療・受付時間

【予約制】来院前にご予約ください。
■診療受付時間
9:00~12:00、13:30~19:00(予約制)
※土曜日のみ9:00~17:00 

■診療時間
[月・火・水]8:30~12:30、13:30~19:30
[土] 9:00~12:30、13:30~17:00 

休診日 ・外来休診日:木曜日・金曜日・日曜日
・訪問診療休診日:木曜日・金曜日・日曜日 
診療内容 訪問歯科診療、口腔機能回復、口腔ケア、摂食・嚥下障害、ドライマウス
漢方療法、口臭治療 

 

理念

訪問歯科診療を通し、OSRの観点から適切かつ迅速な地域医療サービス業として、個への対応を図り、口腔のあらゆる疾病からの回復、機能向上に寄与する。
当院は、職員個人の自己実現のために存在し、職員は患者個人のために存在する。
すべてのステークホルダーへ信頼、尊敬され、感動していただけるように、夢の追求にむけた新たな挑戦をおこなうことで、社会的・環境的視点をもった持続可能性のある企業として存在する。

 

 

「さくら」ブランド Health&Well-being

  • 「健康でより良く生きる」の実現にむけて、人々の向上意欲と課題解決の支援を行います。
  • グループの存在理由として、技術機能を発揮し、お客さまの要望に誠意をもって応え、最高の品質サービスの提供を続けることで、社会貢献し続けることを基礎とし、グループを通してすべての人々の健康と豊かな生活に寄与します。また、この社会貢献で社会に報いるとともに全職員の生活向上と安定を図ることを理想とします。
  • 外から見ても何が行われている事業所なのかが明確となるような透明性を持ち、健全な経営基盤が成り立ったうえで、企業の社会的責任を果たしてゆきます。
  • お客さまや社会、地球環境など、あらゆるステークホルダーの信頼にお応えし、「いきいき」をお届けする企業であることを目指します。
  • なかでも、「お口から食べるということ」を命題に、一生の食を支援するヒューマンドリームカンパニーとして、独創的で確かな技術に裏付けされた医療介護福祉サービスを通じて、皆様のいきいきとした生活に貢献することが願いです。
  • その実現のために、職員がいきいきと働くことができる環境づくりと企業体制の構築に努めてまいります。

 

さくらグループ 経営理念

○さくらグループは、企業市民として熱い使命感と高い倫理観をもちます。

○さくらグループは、模倣不可能な温かい医療・介護・福祉サービスを提供し、お客さまにとってなくてはならない良きパートナーとして、社会に貢献します。

○さくらグループは、自然と社会と人間の調和を大切にし、高度職業人により温かい医療・介護・福祉サービスを提供し、人間の健康的な暮らしと生き生きとした社会づくりに貢献します。

 

Our Mission is to MaXimize Value

ミッション

在宅サービスを通じて、地域の人々の食支援により、一生の食を支援しつづけ、心身の健康に貢献することで最大の価値を創造します。

目指す姿

本土最南端の薩摩地方から、江戸時代から現代にかけて活躍された先達の偉業に追随するべく、到来する超高齢社会に「食」から挑むことで、国民の在宅での生活を支援できる企業になります。

 

医療法人さくら 経営理念

○医療福祉サービスの品質を保証しつづけ、さらに向上を目指します。

お客さまに安心感と満足のいく医療福祉サービスを提供しつづけ、新たな価値創造に向け、努力し続けます。

○プロ意識を常に持ち続けるために、研鑚を積みつづけます。

職員同士の絆を深めるとともに、一人ひとりの自己実現のために目標を持ち、たゆまぬ努力を続けます。

○在宅医療と在宅サービスの体制を持ち続けます。

お客さまの在宅での生活を維持し続けるため、在宅医療と在宅サービスの体制を保ち続けます。

 

○持続可能性のある事業体として存続し続けます。

変革の精神を大切にし、夢の追求に向けた新たな挑戦をも行うことで、社会的・環境的視点をもった持続可能性のある事業体として存続し続けます。

 

さくらグループの社会的責任(CSR)

.png

 

さくらグループが目指すもの

.png

 

見次さくら歯科の訪問可能エリア

.png 

 

生活の医療

口は不思議な器官である。からだの他の部位にはそれほど機能が重層しているわけではないのに、口にはわたしたちのさまざまないとなみが密集している。
食べる、舐める、飲む、息をするだけではない。話す、笑う、泣く、唸る、歌う、そして愛玩する。
つまり、食事、語らい、感情の表出、歌唱、そして性の交わりれ一つを欠いても、人生が成り立たないくらいに生きるうえで大事なことを引き受けている。

 

この文章に書かれているように、口腔には様々役割が重なっています。
私たちは口腔の機能に着目した取り組みを実施しております。

前大阪大学総長
現京都市立芸術大学理事長 鷲田清一(哲学者)
『わかりやすいはわかりにくい?』 

第4章 ひとは観念を食べる?--生理について

 

 

見次さくら歯科の概要

  平成27年5月3日(日)開院  

1 在宅歯科診療の経験と施設基準(平成28年6月現在)
新上橋さくら歯科に在籍していた医師と歯科衛生士が見次さくら歯科を担当しますので在宅歯科診療の経験が豊富です。

施設基準
在宅療養支援歯科診療所
在宅患者歯科治療総合医療管理料

診療明細書発行加算
クラウン・ブリッジ維持管理料
CAD/CAM冠
歯科治療総合医療管理料
歯科外来診療環境体制加算
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

2 充実したスタッフ(平成28年6月現在)
歯科医師:2名 歯科衛生士:4名 歯科助手:4名
介護支援専門員:1名(内数) 

3 摂食・嚥下リハビリテーションに特化した歯科診療所
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定医(松永純)
ドライマウス認定医(松永純)
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科リハビリテーション医学大学院(松永純)
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科名誉教授(神経解剖学)(植松正憲)
職員も常時研修、学会、院内勉強会(毎週)に参加しております。
平成25-26年は摂食・嚥下に係る神経の解剖と生理、直接訓練が大きなテーマです。

4 チーム医療
多職種からなるチームを編成し、施設・病院の職員さまなどと連携しております。
地域の医療・介護・福祉・保険の資源とつながります。

5 地域社会や施設・病院職員さま対象講演会・勉強会の開催 



診療受付時間

午前9:00~12:00 午後13:30~19:00(予約制)
※土曜日のみ9:00~17:00まで受付 

休診

外来休診日:木曜日・金曜日・日曜日
訪問診療休診日:木曜日・金曜日・日曜日

 
午前
午後